おすすめの3dプリンターを導入する|3次元のアイテムを作れる

ラミネーター

品質向上に欠かせない

ラミネートは、ただの紙や素材の弱い書類をプラスチックなどで挟み込んで強化するため、書類などの品質向上に役立ちます。ラミネート加工をビジネスにすることも可能で、診察券やポスター、下敷きの加工でも収益化につなげられます。

自分に合ったものを選ぶ

3Dプリンター

タイプで考える

3dプリンターを導入しようと考えている方は、まず買う前に3dプリンターについて知っておくことが大切です。どのようなタイプのものであるのか、仕組みはどうなっているかなどを多少は調べておいた方が後悔しないので良いでしょう。3dプリンターのタイプは大きく分けて3種類あります。ボックス型とメンデル型、そしてフレーム型です。これらのタイプはそれぞれ利便性がありますが、デメリットももちろんあるはずなので注意が必要です。プリントの品質を良くしたいと考えている方には、ボックス型がおすすめです。ボックス型は、内部温度を調整してくれるシステムが搭載されており、熱する時間を短縮することができます。しかし、重量もそれなりにあるので持ち運びには適さないので、固定して使うという方にはおすすめです。メンデル型はプラスチックの部品で構成されているため、低コストで入手できるのがメリットといえます。お金をできるだけかけたくない方にはおすすめです。拡張性があるので、自分で機能を追加したりすることができますが、プリンターの知識を持っていることが前提です。知識が不十分だとブレを引き起こしたりするので注意しましょう。最後にフレーム型を紹介します。フレーム型は機能としては最も性能が高くメンデル型の拡張性を保ったまま、高い精度でプリントすることができます。プリントする際の音も静かなので、音に悩まされることはまずありません。価格は他のタイプに比べて高めなので、高くても性能を重視するという方にはおすすめです。これらのタイプの3dプリンターを参考に自分に合ったものを考えてみましょう。

インキ

新技術で印刷品質が向上

複写機のメーカーであるコニカミノルタの製品は、トナーの粒を小さくしさらに均一化させるといった独自の技術を投入しているのが特徴です。このおかげで小さな文字をくっきりと印刷することができ、写真画像についても階調豊かな表現が可能になりました。

ウーマン

型が古い商品は注意

新品の複合機を導入するには費用がかかるので、激安の中古複合機を購入予定しているなら慎重にしてください。部品が傷んでいて修理代が高くついたり、生産終了していて部品がない機種も多いのです。購入するなら中身を見たり、動作確認してから買うようにします。またメンテナンスしてくれるお店から買うようにします。